いこまいけ南砺 城端
いこまいけ南砺 > 城端 > 城端曳山祭 > 曳山

東下町 曳山「東耀山」


 東下町(ひがししもまち)の曳山は「東耀山(とうようやま)」と呼ばれています。享保年間(1716年〜1736年の作を改修増補した曳山です。東下町の曳山は、高さが 6.10メートル、総重量が約6.7トンあります。屋根は、前後唐破風・左右一文字屋根です。天井は金箔の格子天井となっています。6台ある城端の曳山の中でも天井が格子天井となっているのは東下町だけです。装飾は大黒天にちなんで、宝珠ほかの宝尽くし紋様が多用されています。神座の神像は大黒天で、1774年(安永3年)に荒木和助(通称:唐津屋)が製作しました。
東下町 曳山全体写真
東下町の曳山
(写真:2007年5月5日撮影)
東下町 提灯山
東下町 提灯山
(写真:2010年5月5日撮影)
 
東下町曳山の詳細写真
大黒天
神像
:大黒天
鳳凰
上壇彫刻
:鳳凰
下壇の彫刻
下壇彫刻
:唐子遊び
陶淵明
後屏
:陶淵明
金具
金具

地山の長押金具
地山の長押金具

宝尽くし文様の幔幕
幔幕
:宝尽くし文様
輻車
車輪
:輻車
前後唐破風屋根
屋根
:前後唐破風屋根
その他: 天井(金箔格子天井)、 高欄からくり人形雛台神座軒裏
 

 
城端曳山祭 曳山
東上町 曳山大工町 曳山西上町 曳山東下町 曳山出丸町 曳山西下町 曳山曳山構造図
ページ先頭(城端曳山祭:東下町の曳山)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.