いこまいけ南砺 城端
いこまいけ南砺 > 城端 > 城端曳山祭 > 曳山

荒木和助


 荒木和助(あらき わすけ)は、城端曳山の神像六体のうち五体を製作した人物です。人形彫刻のほか、陶工や画家としても優れた才能を発揮し、加賀藩主からも度々、命を受け製作に携わりました。1734年(享保19年)に城端・東下町で生まれ、1806年(文化3年)に73歳で亡くなりました。
 
荒木和助(西下町の山宿にて2011年5月11日撮影)
荒木和助の木像
 

 
ページ先頭(城端曳山:荒木和助)へもどる。
城端曳山祭 曳山

Copyright © 2006-2018 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.