いこまいけ南砺 城端
いこまいけ南砺 > 城端 > 城端曳山祭

庵屋台


 庵屋台(いおりやたい)は、名前の通り上部が(江戸時代の料亭や平安貴族の邸宅の模型)になっています。下部は水引幕で覆われ、その中に各々の町の若衆(20代から30代の男性)が入り笛・太鼓・三味線を弾き庵唄を唄います。庵は精巧な模型で一見の価値があり、庵と水引幕の間の「重(じゅう)」と呼ばれる部分には欄間が飾られています。
 
城端曳山祭 庵屋台、写真をクリックすると各町の庵屋台の写真があります。
東上町 庵屋台
東上町 庵屋台

大工町 庵屋台
大工町 庵屋台

西上町 庵屋台
西上町 庵屋台

東下町 庵屋台
東下町 庵屋台

出丸町 庵屋台
出丸町 庵屋台

西下町 庵屋台
西下町 庵屋台

 

 
城端曳山祭
曳山庵屋台曳山巡行提灯山傘鉾行列獅子舞山宿法被からくり人形
ページ先頭(城端曳山祭:庵屋台)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.