いこまいけ南砺 城端
いこまいけ南砺 > 城端 > 城端曳山祭 > 庵屋台

東下町 庵屋台


 東下町にある庵屋台は、平屋建て二棟構えの数寄屋造りです。東下町の庵屋台の高さは、3.02メートルで6台ある城端の庵屋台で最小です。他町の5台の庵屋台は胴回りが水引幕で囲われているのに対して、東下町の庵屋台だけが格子造り構造の胴回りとなっており、江戸情緒が漂っています。庵部分と格子造りの胴回りの間の「重(じゅう)」には、10枚の欄間彫刻が入っています。
 
東下町 庵屋台(写真:2009年5月5日撮影)
東下町の庵屋台
 
提灯姿となった東下町の庵屋台(写真:2011年5月5日撮影)
提灯姿となった東下町の庵屋台
 
東下町 庵屋台の詳細写真
庵

欄間
欄間

格子造りの胴回り
格子造りの胴回り

庵唄(宝槌会=たから連)
 

 
ページ先頭(城端曳山祭:東下町の庵屋台)へもどる。
城端曳山祭 庵屋台

Copyright © 2006-2017 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.