いこまいけ南砺 城端
いこまいけ南砺 > 城端 > 善徳寺

善徳寺 太鼓堂


永禄2年(1559年)頃、善徳寺を福光から招致し現在の城端別院を誕生させたと伝えられる城ヶ鼻城主:荒木善太夫の居城の遺構と伝えられています。室町時代の建築様式をとどめ、楼上には大太鼓が置かれ、朝夕に太鼓を叩いて時刻を知らせていました。太鼓堂は、本堂・山門・鐘楼とともに富山県指定文化財となっています。
 
善徳寺 太鼓堂
 

 
ページ先頭(城端別院 善徳寺:太鼓堂)へもどる。
城端別院 善徳寺

Copyright © 2006-2014 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.