いこまいけ南砺 城端
いこまいけ南砺 > 城端 > 善徳寺

善徳寺 唐金灯籠


唐金灯籠は、本堂の前にある一対の灯籠です。共に高岡の鋳物師 金森小左ェ門の作で、本堂に面して右側の灯籠は1844年(天保15年)に鋳造され、左側の灯籠は5年遅れて1849年(嘉永2年、加賀藩 第13代藩主 前田斉泰(まえだ なりやす、1811年生〜1884年物没)の10男亮麿(すけまろ、2歳で入寺し4歳で病没)が16代住職として入寺した年)に鋳造されました。
 
善徳寺 唐金灯籠
宝珠・傘・火袋
宝珠・傘・火袋
龍の紋様
龍の紋様
作者銘
作者銘
 

 
ページ先頭(城端別院 善徳寺:唐金燈籠)へもどる。
城端別院 善徳寺

Copyright © 2006-2017 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.