いこまいけ南砺 城端
いこまいけ南砺 > 城端 > 善徳寺

善徳寺 本堂


善徳寺の本堂は、1759年に建立された建物です。山門・鐘楼・太鼓堂とともに富山県指定文化財となっています。
現在でも城端の人々の厚い信仰を集める善徳寺では本堂において365日欠かさず法話が行われています。聞きに来る人がいなくても法話を行うそうです。城端の秋の祭りである「むぎや祭り」の時には別院会場として利用され「むぎや踊り審査会」が行われます。境内に大型テントが設営され、本堂の正面階段部分に舞台が設置されます。
 
善徳寺 本堂(写真:2010年4月10日撮影)
善徳寺 本堂
 
善徳寺 本堂(写真:2006年8月8日撮影)
善徳寺 本堂
本堂正面
本堂正面
本堂の飾り彫刻
飾り彫刻
(獏木鼻)
根巻きの獅子
根巻きの獅子
本堂の破風
本堂の破風
むぎや祭りの会場
むぎや祭りの会場
内陣の欄間
内陣の欄間
 

 
ページ先頭(城端別院 善徳寺:本堂)へもどる。
城端別院 善徳寺

Copyright © 2006-2014 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.