いこまいけ南砺 > 福野

福野夜高祭

いこまいけ南砺

 毎年5月1日と2日に開催される福野夜高祭(ふくの よたかまつり)は、350年の伝統がある祭りです。江戸時代に南砺市 福野地域(旧福野町)の町立ての際、伊勢神宮からの分霊を迎えた時に行燈(あんどん)を持って出迎えたのが祭りの始りと伝えられています。富山県無形民俗文化財に指定されています。
 横町・新町・上町・七津屋・御蔵町・浦町・辰巳町のそろいのハッピ姿の若衆たちが、高さ7メートルにも及ぶ7本の大行燈を始め大小合わせて20数本の行燈をかついで(実際には引き廻し)、威勢よく町を練り回ります。「ヨイヤサ、ヨイヤサ」の勇壮な掛け声や夜高節の歌声のなか、それぞれの町内の行燈が競うように引き回されます。夜高祭の動画
 最終日の5月2日深夜(夜11時から12時頃)には、大行燈によるケンカ行燈があります。上町通りに揃った、各町の行燈がすれ違いざまに相手方の行燈飾りを壊していきます。5月3日には曳山が行われます。
 
福野夜高祭(写真:2010年5月1日撮影)、上町通りに並ぶ3基の大行燈
福野夜高祭

福野夜高祭 写真

各町の行燈の写真をクリックするとより多くの写真があります。
浦町の行燈
浦町
横町の行燈
横町
御蔵町の行燈
御蔵町
七津屋の行燈
七津屋
上町の行燈
上町
新町の行燈
新町
辰巳町の行燈
辰巳町
文久の大行燈
文久の大行燈
ヘリオスの大行燈
ヘリオスの大行燈

福野夜高祭スケジュール

祭りのスケジュール(2010年、例年ほぼ同じです)

福野夜高祭 駐車場

 

 
ページ先頭(福野夜高祭)へもどる。
福野の観光名所

Copyright © 2006-2012 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.