いこまいけ南砺 > 井波

諏訪川原と大杉

いこまいけ南砺

 井波城の鬼門を守るために永禄2年(1559年)頃、諏訪明神を招聘して、この場所に小さな祠が建てられました。その諏訪社付近を流れる川の流れを諏訪川原といいました。諏訪社は、井波城が廃城となった後に、井波八幡宮に合祀され、八幡宮の祭礼には、神輿の1社にまつられて町内をまわります。かつて、祠があった場所の大杉は、いまも、枝葉が茂り、諏訪の大杉と呼ばれています。大門川河川公園の一角にあります。南砺市指定文化財(史跡)になっています。
 
諏訪川原と大杉
 
ページ先頭(諏訪川原と大杉)へもどる。
Copyright © 2006-2011 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.