いこまいけ南砺 > 井波

大谷廟

いこまいけ南砺

 大谷廟は、井波別院瑞泉寺を開いた綽如上人(しゃくにょう しょうにん)をはじめ歴代住職の御廟です。瑞泉寺歴代の火葬場は、井波町郊外五領(御陵)島並びに旧庄川町(現砺波市庄川)のポンポン野にあり、墓地も置かれ一般に灰塚と呼ばれていました。宝暦4年(1754年)に瑞泉寺境内に墓をまとめて移し、安永4年(1775年)に瑞泉寺再建と共に、加賀藩からの拝領地(小山拝領地)に大谷廟を造りました。
御廟は、切石積み構造で幅2.7m・奥行き2.1mの方形で基壇を入れた高さは3mあります。上部に川原石が置かれた真宗独自の御廟です。近くには御廟を護る大谷支院があり、周囲には墓苑が広がっています。また、戦没者の納骨と慰霊のための忠魂碑もあります。
 
綽如上人大谷廟
大谷廟

地図

この地図の中央やや下の「井波別院公園」と書かれた場所が大谷廟です。一般的にイメージする公園ではなく、墓苑です。車道から伸びる細い道を登りきった場所に大谷支院があり、その先に蓮如上人の御廟(お墓)があります。

拡大地図を表示

写真

大谷支院
大谷支院
大谷御廟の解説板
大谷御廟の解説板
忠魂碑
忠魂碑
瑞泉寺歴代灰塚
瑞泉寺歴代灰塚
墓苑
墓苑
 
ページ先頭(大谷廟)へもどる。
Copyright © 2006-2011 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.