いこまいけ南砺 > 福光

JR福光駅

いこまいけ南砺

 明治30年(1897年)の中越鉄道として、富山県で最初に開業した鉄道が現在のJR城端線です。JR福光駅自体は、これと言った見るべきものはなく、ごく普通の駅舎があるだけです。駅前広場が棟方志功の代表作「女人観世音板画巻」のモザイクタイルで飾られているのが唯一の見所。
 
JR城端線は、朝6時から夜23時までの間にほぼ一時間に1本ディーゼル車が運転されています。下りは城端駅まで、上りは高岡駅が終点で朝6時と7時の汽車は富山駅まで行く列車もあります。
福光駅からのバス路線
 金沢行き(西日本JRバス:名金線、片道約1時間10分):福光発4便/日、金沢発3便/日
 金沢行き(加越能バス、片道約1時間):往復2便/日
 五箇山・白川郷:荻町行き(加越能バス、片道約1時間30分):往復4便/日
 城端行き・高岡行き(加越能バス):一日10便程度
 他に南砺市コミュニティーバス(実証実験中)が、井波地区へのバス(一日2往復)や福光地区内を運行しています。
 
JR福光駅の駅前にある棟方志功の版画モニュメント
JR福光駅

地図

JR福光駅 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所にJR福光駅の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
南砺市内にあるJR城端線の駅(北から)
高儀駅(無人駅)、福野駅、東石黒駅(無人駅)、福光駅、越中山田駅(無人駅)、城端駅

写真

駅舎
駅舎
棟方志功 女人観世音板画巻
女人観世音
女人観世音
岡本かの子
岡本かの子
花の版画
花の版画
足裏の土踏む力
足裏の土踏む力

振向妃の柵
人のかなしみ時には
人のかなしみ時には

仰向の柵
優しく女人われこそ観世音
優しく女人われこそ観世音

柳絮の柵
ぼさつぼさつ観世音
ぼさつぼさつ観世音
板 棟方志功
板 棟方志功
 

 
ページ先頭(JR福光駅)へもどる。
福光の観光名所

Copyright © 2006-2013 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.