いこまいけ南砺 > 福光

棟方志功記念館・愛染苑

いこまいけ南砺

 棟方志功は、第二次世界大戦末期の昭和20年4月から昭和26年11月までの6年間、旧福光町に疎開していました。その間、福光周辺の豊かな自然に接しながら多くの作品を残しました。疎開当初は、山ぎわの光徳寺に身を寄せていましたが町から離れ不便な場所だったためか、昭和21年の暮れ、棟方は旧福光町栄町のはずれに住居を建て移り住みました。この住居は「鯉雨画斎(りうがさい)」と呼ばれ現存しています。また、谷崎潤一郎氏の命名で「愛染苑(あいぜんえん)」 とも呼んでいました。
 棟方志功記念館は、「愛染苑」跡に建築され昭和57年5月に記念館として開館しました。昭和27年スイス・ルガノ国際版画展で優秀賞を受賞し、「世界の棟方」への第一歩となった記念すべき作品「女人観世音板画巻」をはじめ、福光時代の作品を中心に作品が展示されています。
 
棟方志功記念館・愛染苑
 
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:火曜日、祝日の翌日、年末年始、展示替期
電話:0763-52-5815
公式サイト:http://fukumitsu-art.city.nanto.toyama.jp/aizenen.html(福光美術館 Webサイトのサブページ)

地図

棟方志功記念館「愛染苑」、オレンジ色のバルーンアイコンが棟方志功記念館の場所です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に棟方志功記念館の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:〒939-1654 富山県南砺市福光1026-4

写真

看板
看板
鯉雨画斎
鯉雨画斎(りうがさい)
地図
地図
 

 
ページ先頭(棟方志功記念館・愛染苑)へもどる。
福光の観光名所

Copyright © 2006-2013 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.