いこまいけ南砺 城端
いこまいけ南砺 > 城端 > 城端曳山祭 > 庵屋台 > 東下町

東下町 庵屋台 欄間「東海道五十三次」


東下町庵屋台の欄間は、前後それぞれ2枚、左右それぞれ3枚、合計10枚の透かし欄間彫刻となっています。この庵屋台の欄間の彫刻は東海道の主要な宿場町で、歌川広重による浮世絵木版画の連作「東海道五十三次」を基にしたデザインとなっています。
 
東下町 庵屋台 欄間(写真:2011年5月5日撮影)
東下町の欄間
 
庵屋台正面の欄間:神奈川宿(かながわ)
神奈川宿
 
庵屋台正面の欄間:保土ヶ谷宿(ほどがや)
保土ヶ谷宿
 
庵屋台右面の欄間:府中宿(ふちゅう)、現在の静岡県静岡市葵区
府中宿
 
庵屋台右面の欄間:日坂宿(にっさか)、東海道の三大難所(峠)の一つとされる小夜の中山の西麓にあった宿場町、現在の静岡県掛川市日坂
日坂宿
 
庵屋台右面の欄間:舞阪宿(まいさか)、現在の静岡県浜松市西区舞阪町
舞阪宿
 
庵屋台背面の欄間:白須賀宿(しらすか)、現在の静岡県湖西市白須賀
白須賀宿
 
庵屋台背面の欄間:吉田宿(よしだ)、現在の愛知県豊橋市中心部
吉田宿
 
庵屋台左面の欄間:宮宿(みや)、東海道最大の宿場町、現在の愛知県名古屋市熱田区
宮宿
 
庵屋台左面の欄間:庄野宿(しょうの)、現在の三重県鈴鹿市
庄野宿
 
庵屋台左面の欄間:坂下宿(さかした)、鈴鹿峠の東側にあった宿場町、現在の三重県亀山市(旧鈴鹿郡関町)
坂下宿
 

 
ページ先頭(東下町の庵屋台:欄間)へもどる。
城端庵屋台 欄間

Copyright © 2006-2017 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.