いこまいけ南砺 城端
いこまいけ南砺 > 城端 > 城端曳山祭 > 曳山 > 東上町 曳山

東上町曳山 後屏「鶏阿和勢稚遊」


東上町の曳山の後屏(見返し)は、高肉彫刻で1791年(寛政3年)に初代 荒木和助(通称:唐津屋)が製作したもので、和助が作ったものとしては唯一のレリーフです。デザインは、闘鶏をして遊ぶ子供達で「鶏阿和勢稚遊(とりあわせ ちごあそび」と名付けられています。
 
東上町曳山 後屏(写真:2009年5月5日撮影)
東上町曳山 後屏
 
後屏左側:稚児たち 後屏左側
後屏右側:稚児たち 後屏右側
 

 
ページ先頭(東上町の曳山・後屏)へもどる。
城端曳山 後屏

Copyright © 2006-2014 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.