いこまいけ南砺 城端
いこまいけ南砺 > 城端 > 城端曳山祭 > 曳山 > 出丸町 曳山

出丸町曳山 後屏「司馬温公 瓶割の図」


出丸町曳山の後屏(見返し)は、1812年(明治45年)に製作されました。デザインは「司馬温公 瓶割の図(しばおんこう かめわりのず)」で、一位材白木彫りの高肉レリーフです。「司馬温公 瓶割の図」は、中国北宋代(11世紀)の儒学者・政治家であった司馬光(しばこう)が子供時代に水瓶に落ちた友達を救うため、父が大切にしていた瓶を割った様子を描いたもので、生命の大切さを教える意匠です。
 
出丸町曳山の後屏(写真:2008年5月5日撮影)
出丸町曳山 後屏
 
「司馬温公 瓶割の図」の彫刻 「司馬温公 瓶割の図」の彫刻
 

 
ページ先頭(出丸町の曳山・後屏)へもどる。
城端曳山 後屏

Copyright © 2006-2014 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.