いこまいけ南砺
いこまいけ南砺 > 五箇山 > 世界遺産 白川郷

御母衣ダム


 御母衣ダム(みほろ ダム)は、795万立方メートルの岩石と土を高さ131メートル・幅405メートルに渡って築き上げたロックフィルダムで、庄川本流最上流部に建設されたダムです。1957年に着工され、1961年に竣工しました。完成時には東洋一の高さのロックフィル式ダムでした。この御母衣ダムは、ダム湖に沈む予定であった光輪寺の庭にあった巨桜を移植した「荘川桜」のエピソードでも知られています。
 
御母衣ダム(写真:2006年5月15日撮影)
御母衣ダム
御母衣ダム 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に岐阜県白川村にある旧遠山家民俗館の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
所在地:岐阜県大野郡白川村大字牧
 
御母衣ダムと周辺の見所
  1. 御母衣ダム
  2. 旧遠山家民俗館
  3. 帰雲城跡
  4. 荘川桜
 

 
ページ先頭(白川郷:御母衣ダム)へもどる。
世界遺産 白川郷

Copyright © 2006-2012 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.