いこまいけ南砺 城端
いこまいけ南砺 > 城端 > 城端曳山祭 > 曳山 > 西下町 曳山

西下町曳山 上壇の彫刻「獅子に牡丹」


 西下町曳山の上壇彫刻は、謡曲「石橋(しゃきょう)」を題材とした高肉彫り抜き金箔塗りです。左右面の後半が「牡丹に獅子と水波」、曳山背面が「牡丹と石橋と水波に獅子」です。彫刻は、1917年(大正6年)に井波町の大島 五作が製作しました。
 
西下町曳山の上壇彫刻(写真:2008年5月5日撮影)、曳山背面にある「石橋と唐獅子」の彫刻
西下町曳山の上壇彫刻
 
上段の彫刻は、謡曲「石橋(しゃきょう)」を題材とした高肉彫り抜き金箔塗りです。「水波に石橋」「獅子に牡丹」の図となっています。
 
曳山左面(右側):牡丹に獅子
曳山左面の上壇彫刻
 
曳山右面(左側):牡丹に獅子
曳山右面の上壇彫刻
 
曳山背面(後屏下部):牡丹と石橋と水波に獅子
曳山背面の上壇彫刻
 

 
ページ先頭(西下町の曳山・上壇の彫刻)へもどる。
城端曳山 上壇彫刻

Copyright © 2006-2014 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.