いこまいけ南砺/五箇山
いこまいけ南砺 > 五箇山 > 上梨地区

白山宮


 白山宮(はくさんぐう)本殿は、富山県内最古の木造建築物です。奈良時代初めに泰澄大師(たいちょう だいし)が人形山(修験道の山)を開き、山頂に建立した建物を平安末期の1125年(天治2年)に旧平村 上梨集落の中心部に移築し、1502年(文亀2年)に再建したものです。白山宮の本殿は、国の重要文化財に指定されています。一間社流れ造り(いっけんしゃながれづくり)で正面中央の「蟇股(かえるまた)」は一木を刻んだ室町時代中期の優れた作品です。本尊の秘仏十一面観世音菩薩は、33年毎に開帳(前回は1986年(昭和61年)、よって次回のご開帳は2019年)されています。
 
国道304号線から見た白山宮(写真:2006年8月8日撮影)
白山宮
 
白山宮 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に白山宮の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
白山宮 写真
白山宮
本殿
本殿
鞘堂
鞘堂
舞殿
舞殿
(拝殿)
鳥居と境内
鳥居と境内
洗心
洗心
狛犬
狛犬
冬の風景
冬の白山宮
冬の白山宮
冬の鳥居
冬の鳥居
雪の境内
雪の境内
冬の鞘堂
冬の鞘堂
 

 
ページ先頭(五箇山:白山宮)へもどる。
五箇山・上梨の見所

Copyright © 2006-2014 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.