いこまいけ南砺/五箇山
いこまいけ南砺 > 五箇山 > 上梨地区 > 白山宮

白山宮 本殿(国指定重要文化財)


 舞殿のある場所から石段を上り一段高い場所にある建物が「本殿」と思いがちですが、正式には「鞘堂」です。鞘堂の中に小さな祠があり、この祠が白山宮の本殿です。通常は公開されていませんが、9月25日と26日に開催される「こきりこ祭り」の本祭りの日(26日)に鞘堂の扉が開かれ本殿を見ることが出来ます。白山宮は、泰澄大師が人形山の山頂に創建した社が起源で、後に現在の上梨の地に移したと伝承されています。
 現在の本殿は、棟札により室町時代後期の1502年(文亀2年)の建立が明らかになっています。もとは、舞殿(拝殿)の奥に安置されていましたが、1914年(大正3年)に拝殿からだし、のちに覆屋(鞘堂)が設けられました。1954年(昭和29年)に解体復元工事が行われ、富山県指定重要文化財となりました。さらに1958年(昭和33年)には、国指定重要文化財となりました。
 1980年(昭和55年)に舞殿(拝殿)が移築修理された時に、その中に本殿を奉置し元型に復元されました。一間社流れ造り(いっけんしゃながれづくり)の本殿の屋根は堅板葺、身舎は舟肘木 板首組の簡素な造りですが、向拝の組物は三斗組、頭貫を虹梁状とし、そのは獣面に近く、蟇股(かえるまた)は手挟みを付けるなど若干の装飾が見られます。木割りは割合に太く、山間僻地にありながら様式的くずれが少なく、五箇山地方の文化を知る上で貴重な遺構とされています。
 
白山宮 本殿(写真:2011年9月26日 こきりこ祭りにて撮影)
白山宮 本殿
 
白山宮 本殿の詳細写真
蟇股
蟇股
神像
神像
鼻木
鼻木
組物
組物
(三斗組)
狛犬
狛犬
 

 
ページ先頭(白山宮:本殿)へもどる。
五箇山 白山宮

Copyright © 2006-2014 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.