いこまいけ南砺/五箇山
いこまいけ南砺 > 利賀

脇谷の栃の木


 脇谷の栃の木は、樹齢800年の巨木で国指定天然記念物(大正15年10月20日指定)になっています。幹周りは3メートル弱あり、高さは約60メートルで、根元付近の幹は空洞化しています。空洞部の上側は2本の枝に分かれていましたが、1981年(昭和56年)の豪雪により西側の枝が折れ、1988年(昭和63年)には谷側の枝も折れました。この2本あった枝は、毎年交互に栃の花をつけていましたが、両方が同じ年に花をつけると不吉なことが起きると地元で言い伝えられていたそうです。
 
脇谷の栃の木(写真:2006年6月10日撮影)
脇谷の栃の木
 
脇谷の栃の木 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に南砺市利賀村にある脇谷の栃の木の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を許可することで地図表示できる場合があります。
 
脇谷の栃の木の写真
空洞化した幹
空洞化した幹
栃の葉
栃の葉
目印の看板
目印の看板
 

 
ページ先頭(利賀:脇谷の栃の木)へもどる。
利賀の見所

Copyright © 2006-2012 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.