いこまいけ南砺/五箇山
いこまいけ南砺 > 利賀

瞑想の郷


利賀にある「瞑想の郷(めいそう の さと)」は、旧利賀村とネパール・ツクチェ村との交流から生まれた施設です。ネパール風の建物の中には、4m四方の大きな曼荼羅(マンダラ)や仏像が展示してあります。ネパール料理を出すレストランと宿泊施設やネパール・グッズの販売コーナーがあり、日本にいながらネパール気分を満喫できます。瞑想の郷は、ネパール観光局認定観光事務所に指定されています。
 瞑想の郷は、4つの館(空想の館、瞑想の館、瞑想美の館、瞑水の館)で構成されたミニ・テーマパークです。ネパール旅行へ行った目の肥えた人でも充分に堪能できる施設です。これだけのものが、わが南砺市にあるとは信じがたい・・・。お金と時間をかけてネパール旅行へ行かなくても「瞑想の郷」で充分!?
 
瞑想の郷(写真:2006年6月10日撮影)
瞑想の郷
 
瞑想の郷 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に南砺市利賀村にある瞑想の郷の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を許可することで地図表示できる場合があります。
場所:〒939-2514 富山県南砺市利賀村上畠101
交通アクセス:北陸自動車道 砺波ICから国道156号線経由五箇山方面 金屋トンネル過ぎてすぐを左折し国道471号線へ入り道なりに飛翔の郷まで約1時間、更に約20分。
 
営業時間:9時~16時半(入館は16時まで)、休館日:毎週水曜日(ただし祭日の場合は開館)と冬期閉館
入館料(2006年現在):中学生以上600円、小学生300円、幼児以下 無料
公式Webサイト:瞑想の郷(利賀ふるさと財団)
 
瞑想の郷 写真
空想の館
空想の館
瞑想の館
瞑想の館
瞑想美の館
瞑想美の館
瞑水の館
瞑水の館
風の広場(花マンダラ)
風の広場(花マンダラ)
サタル(東屋)
サタル(東屋)
石像
石像
売店
ネパール・グッズの店
 

 
ページ先頭(利賀:瞑想の郷)へもどる。
利賀の見所

Copyright © 2006-2012 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.