いこまいけ南砺
いこまいけ南砺 > 利賀

栗当の不動明王磨崖像


栗当の不動明王磨崖像(くりとう の ふどうみょうおう まがいぞう)は、かつて井波から庄川本流に近い利賀谷を抜けて飛騨に通じる利賀川筋往還「羽根越え」の難所の守護を不動明王の零威に託して巨岩に半肉彫りされた磨崖像です。この栗当の不動明王磨崖像は、利賀川右岸の川床から山腹を50メートルほど上がった旧道ぞいの巨石に半肉彫りされています。
 
栗当の不動明王磨崖像 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に栗当の不動明王磨崖像の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を許可することで地図表示できる場合があります。
場所:富山県南砺市利賀村栗当13-1
 

 
ページ先頭(利賀:栗当の不動明王磨崖像)へもどる。
利賀の見所

Copyright © 2006-2012 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.