いこまいけ南砺 城端
いこまいけ南砺 > 城端 > 城端曳山祭 > 曳山 > 東上町 曳山 > 金具

東上町曳山 胴回りの角柱金具


 東上町曳山の地山にある胴回り上部の長押金具(14枚)は、1926年(大正15年)に高岡の金具師・安川 安太郎によって製作された「鹿に楓(紅葉)文様」の高肉象眼金具です。この金具の上にある地山の長押金具と対になっています。なお、金具に刻字されている「関 理作」「関 善次郎」はこの角柱金具の寄進者の名前です。
 
正面左端
角柱金具 01
正面中央
角柱金具 02
正面右端
角柱金具 03
左面左端
角柱金具 04
左面中央左
角柱金具 05
左面中央右
角柱金具 06
左面右端
角柱金具 07
右面左端
角柱金具 08
右面中央左
角柱金具 09
右面中央右
角柱金具 10
右面右端
角柱金具 11
背面左端
角柱金具 12
背面中央
角柱金具 13
背面右端
角柱金具 14
 

 
ページ先頭(東上町の曳山:胴回りの角柱金具)へもどる。
東上町曳山 金具

Copyright © 2006-2017 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.