いこまいけ南砺 城端
いこまいけ南砺 > 城端 > 川島地区

文次郎杉


 京都西陣の川島織物の創始者である川島甚兵衛(1819〜1879年)は南砺市の旧城端町出身です。天保2年(1831年)、後年川島甚兵衛を名乗ることになる文次郎少年は「一大機業家となりて、声明を天下に馳せん」と誓いを立て京への旅立ちました。そのときに生家上田屋(現川島、中村家)の庭に一本の杉を植樹しました。その杉が文次郎杉です。
 現地の案内板には「160有余年の杉の大樹」と書かれていましたが、探し方が悪かったのか大樹は見つかりませんでした。石碑と若い杉の木はありました。
 
文次郎杉
 

 
ページ先頭(城端:文次郎杉)へもどる。
城端の見所

Copyright © 2006-2017 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.