いこまいけ南砺 城端
いこまいけ南砺 > 城端 > 善徳寺 > 虫干法会

善徳寺 盤持大会


明治時代の中頃から大正時代にかけての砺波地方では盤持ち(ばんぶち)と呼ばれる「力較べ」が盛んに行われていました。秋の取り入れの終った11月中頃から3月の終り頃までの間、日を定めて行なわれ、日暮になると「ぱんぶつや、ぱんぶつや」と触れまわって、お寺やお宮さん あるいは親っさま(庄屋)の家の庭に集まり、五斗入り、一斗入りなどの米俵を特別に作り、それを持ち上げる力自慢をしました。
虫干法会 盤持大会
 

 
ページ先頭(善徳寺 虫干法会:盤持大会)へもどる。
善徳寺 虫干法会

Copyright © 2006-2014 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.