いこまいけ南砺 > 井口

いのくち椿館

いこまいけ南砺

 いのくち椿館は南砺市の中央(旧井口村)に位置し、椿の研究と保存を目的として2005年3月に開館しました。井口の花である椿を中心に、珍しく貴重な椿を研究している施設や椿の展示、さらには地域住民のコミュニティーの場としても利用されています。毎年3月下旬には、井口地域で「いのくち椿まつり」が開催されます。
 日本国内の植物園や植物研究施設・試験場の中でツバキ属原種を90種類以上も植栽しているのは南砺市の「いのくち椿館」だけともいわれています。学術的にも評価の高い国内唯一の原種椿園(温室)です。特に「黄花ツバキの原種」が27種類もあり、世界的に貴重なコレクションとなっています。このうちベトナム産のツバキ属はほとんどが近年、発見または再発見されたものです。
いのくち椿館
 
開館時間:9:00~19:00(施設利用は21時まで可能)、休館日:水曜日
公式サイト:http://tsubakikan.city.nanto.toyama.jp/
電話:0763-64-2204 FAX:0763-64-2210

いのくち椿館 地図

 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所にいのくち椿館地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を許可することで地図表示できる場合があります。
住所:〒939-1879 富山県南砺市宮後188番地 井口カイニョと椿の森公園
交通アクセス:北陸自動車道砺波ICより車で約20分、東海北陸自動車道福光ICより車で約10分

写真

カイニョと椿の森公園
カイニョと椿の森公園
研修棟
研修棟
温室
原種椿園
(温室)
柚木好椿庵
柚木好椿庵

 

 
ページ先頭(いのくち椿館)へもどる。

Copyright © 2006-2011 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.