いこまいけ南砺
いこまいけ南砺 > 五箇山 > 世界遺産 白川郷 > 合掌造り民家園

山下陽朗家 主屋


山下陽朗家 主屋は、合掌造り民家園のある場所から約 3km 離れた白川村島から移築した旧山下陽朗家の主屋です。現存する合掌造りは19世紀の建築が多く、山下家のような18世紀(江戸時代中頃)に建てられたと推定される合掌造り家屋は貴重な存在です。他の合掌造り家屋とは外観が大きく異なり、合掌の妻面(三角形になっている面)を板壁ではなく、細い丸太を立て茅で塞ぐ構造となっています。また、内部には立派な仏壇はありますが、書院座敷がないなど古い建築様式を多く持っています。柱には檜材が多く使用されています。
 
山下陽朗家 主屋(写真:2006年12月8日撮影)
山下陽朗家 主屋
 
仏間
仏間
オエ
オエ
オエの囲炉裏
オエの囲炉裏
ネコの穴
ネコの穴
ダイドコ
ダイドコ(台所)
絵馬
絵馬
 

 
ページ先頭(合掌造り民家園:山下陽朗家 主屋)へもどる。
合掌造り民家園

Copyright © 2006-2012 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.