いこまいけ南砺 城端
いこまいけ南砺 > 城端 > 城端曳山祭 > 曳山 > 東上町 曳山

東上町曳山 屋根「千鳥・唐破風二層屋根」


 東上町曳山の屋根は、千鳥・唐破風二層屋根です。明治時代までは一層の屋根でしたが、1912年(大正元年)に現在の二層屋根に改作されました。一層目(下)は前後通し大唐破風で、破風の中央に金箔塗の鶴の彫刻があります。二層目(上)は千鳥破風に懸魚があり、鬼瓦がのっています。6台ある城端曳山の中で2層屋根は東上町の曳山だけです。
 
東上町曳山 屋根(写真:2008年5月5日撮影)
東上町の屋根
 
正面から見た東上町曳山の千鳥・唐破風二層屋根(写真:2009年5月5日撮影)
正面から見た東上町曳山の千鳥・唐破風二層屋根
 
大工町の狭い路地を通過するときの折り上げ屋根(写真:2009年5月5日撮影)
折り上げ屋根
 

 
ページ先頭(東上町の曳山・屋根)へもどる。
城端曳山 屋根

Copyright © 2006-2017 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.