いこまいけ南砺 城端
いこまいけ南砺 > 城端 > 城端曳山祭 > 曳山 > 西下町 曳山

西下町曳山 車輪


 諌鼓山(西下町曳山)の車輪は、板車四輪車です。車輪の直径は、138センチメートルで、6基ある城端曳山の中では最も小さな車輪となっています。1907年(明治40年)ごろに製作され、1912年(明治45年)に漆塗りが出来上がりました。本堅地蝋色塗り仕上げで、板部は花弁文様で彫り込みは朱漆、他の部分は黒漆塗り、文様の輪郭は叩地金箔塗りです。
 
西下町曳山の車輪(写真:2009年5月5日撮影)
西下町曳山の車輪
 
修復中の西下町曳山の車輪(写真:2012年5月5日撮影)
修復中の西下町曳山の車輪
 
月の輪(車輪の外縁部):水波文様高肉打出し金具
月の輪
 
轂(こしき=車輪の軸を受ける部分)の飾り蓋
飾り蓋
 

 
ページ先頭(西下町の曳山・車輪)へもどる。
城端曳山 車輪

Copyright © 2006-2017 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.