いこまいけ南砺 > 五箇山 > 相倉集落

夫婦ケヤキ

いこまいけ南砺

相倉集落の上、鹿熊峠へ登る道は大樹が繁り木立が鬱蒼としています。その中でも、特に大きなケヤキの巨木があります。根元から5mほどのところで幹が二つに分かれ、少しあがったところでまたくっついていることから夫婦ケヤキと呼ばれています。昔、この巨木が雪崩を止め、集落を守ったと語り継がれています。相倉民俗館(一号館)の左側の山道を15分くらい登った道沿いにあります。
 
夫婦ケヤキ(写真:2006年8月8日撮影)
夫婦ケヤキ
 

 
ページ先頭(相倉集落:夫婦ケヤキ)へもどる。
世界遺産 相倉集落

Copyright © 2006-2014 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.