いこまいけ南砺 > 井波 > 高瀬遺跡

いこまいけ南砺

 高瀬遺跡は、南砺市ではちょっと知られた蛍の名所です。6月の中旬から下旬にかけて蛍が見られます。また時期は、遺跡内部に植えられている菖蒲が咲きます。
 というわけで「菖蒲と蛍」の写真が撮れると勝手に思い込んで撮影に出かけました(2007年6月11日)。三脚を持って、遺跡の奥のほうにある菖蒲の咲く小川の辺りで暗くなるのを待ちましたが蛍は飛びませんでした!遺跡の南側を流れる川(用水路)のところから親子連れらしい「わ〜、蛍がいっぱい」の声が聞こえてくるではありませんか・・・。遺跡内の小川は人工物で蛍の成育には適していないようです。
 用水路の川べりに出ると確かに蛍が飛んでいました。  
初めての蛍撮影で今一ですが、では写真を御覧下さい。昔、私が住んでいた京都の哲学の道での蛍を思い出しました。
機材は、カメラ:ニコン D80、レンズ:AF-S DX ズームニッコール ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF)、三脚、リモートコード を使用しました。
高瀬遺跡の南東角付近に木の橋が架かっており、その上から撮影した写真。写真奥は、福野方向(西側)で空が明るく見えすぎたので、パソコンで空の部分を暗くしました。
乱舞する蛍
焦点距離:48mm、F値:F/4.5、露出時間:111.8秒、ISO速度:ISO-800、測光モード:パターン、露出補正:0ステップ、撮影日時:2007年6月11日 20:40
 

焦点距離:27mm、F値:F/4.5、露出時間:113.6秒、ISO速度:ISO-800、測光モード:パターン、露出補正:-1ステップ、撮影日時:2007年6月11日 20:16
 

焦点距離:27mm、F値:F/4.5、露出時間:196.3秒、ISO速度:ISO-1600、測光モード:パターン、露出補正:0ステップ、撮影日時:2007年6月11日 20:19
 

Copyright © 2006-2011 Ikomaike NANTO. All Rights Reserved.